スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GvGの記事

GvGに参加していて、防衛時の配置について疑問に思うことがあったので、そのことについて少し記事を書こうと思う。ただし、あまり詳細は語らないつもり。

GvGSEのバリケードを防衛していた時に、人員の配置箇所に問題を感じた。どのような配置だったかというと、バリケ内部に城主Gがいてバリケ外部には同盟Gがいるという形だけど、問題はこのバリケ外での配置である。どんな配置だったかというと、人がどんどんバリケから離れ、陣形としてはバリケから1,2画面分ぐらいの長さに間延びしたようなものだった。

間延びした陣形の問題点は、すぐに感じるのはまとまりがなく単純に人口密度が薄いから、各個撃破されやすいことだと考えている。言葉ばっかりの説明だと分かりづらくなりそうなので、たまには絵でも使ってみることにする。

◆防衛側がバラバラの場合
(鎧=防衛側  短剣=攻め側 だと思ってほしい。中間の灰色のものはバリケードのつもり。)
防衛配置1_


◆防衛側がまとまっている場合
防衛配置2_



こんな画像を取り上げたのは、防衛側がバラバラだと守りが分厚くならないというイメージを伝えたかったから。ちなみに自分は2枚目の画像にあるような、防衛側がバリケをサンドイッチのように密着して挟み込む陣形が一つの答えだと考えている(最適かどうかは分からないけど)。


まずは、実際にGvGSEで戦っているときに、自分たちがどのような人員配置のもとで戦っているか知っておくことが大事だと思う。あまり具体的な、どこどこにどの職が何人いるだとか具体的なことを調べるのではなく、むしろ抽象的にとらえてみることを勧めたい。単純に、人がいる場所や人口密度の差から、有利不利をおおまかに考えてみるのは一つの手段としてありだと思う。


実際戦っていると、自分の身の回りに起こってる事にしか気が回らないことがあるかもしれないけど、意識して全体の状況を見ることは大事だ。また、現場で戦っている人の視点で、戦況が有利か不利かを見極めて報告する、ということができる人材を指揮官は求めているように思う。
スポンサーサイト
※注意

不審なURLリンクは、クリックしないようにしてください。(特に、コメントやトラックバックは注意してください)

また、このblogへ無断リンクしないようお願いします。(事前に連絡を下さい)

プロフィール

もじょ

Author:もじょ
19:20:06 (kasu_) SBI証券で口座作った
19:20:15 (kasu_) これで俺もネオニートだ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ばぶちゃん

無料ホームページ ブログ(blog)

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。