スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のバリケ攻防について

こんにちは。バブルスです。
タイトルの件、最近のバリケ攻防についての基本的な考え方を書きます。

理由は、GvGSEに参加していた際に周囲の人がバリケードの攻防のやり方について共通の認識を持ってないように感じたからです。つまり、人によってやろうとしてることとか狙いがぶれてる。


■現状のバリケ攻防の一場面
まずは画像から。
現状のバリケ防衛の風景@2009 4月
参考動画

この画像は偵察のときにとったもので、勝手に載せさせてもらいました。
このバリケ攻防の様子は、手本となる代表例というわけでもなく、ただこれしか手元になかったから載せただけです。

防衛G側がLPを置いてないように見えなくもないけど、基本は攻め側防衛側ともにLPにのって戦います。防衛側はバリケードを守ること、逆に攻め側はバリケードを倒すことがこの場面での最も重要な目的となります。そして、LPに乗りながら火力を飛ばす、という形で戦闘しています。

●LPを置く意図について説明

・防衛側
バリケードを守るためにLPを置きます。防衛側はバリケードにダメージを与えられたくないですが、とくにSGをもらうことを避けたいと考えています。物理攻撃については、優秀な範囲攻撃が少なく射程が魔法より短いので、バリケ内部からの迎撃で対処しやすいです。SGのダメージは、AMPありでだいたい1HIT3k程度だったと思います(後日詳細に計算する予定。違ってたら指摘お願いします)。

バリケードは、ヒールで回復させることができます。でも、上記の通りSGでのダメージが入り続けると、プリ6人程度をバリケヒールに回さないと維持が困難だと思われます。当然ながら、SG以外にもMSやLoV、その他物理攻撃も追加で飛んでくるので、そうなればLPなしでバリケ維持することが絶望的だなあというのが分かるかなと思います(これも後日計算予定です。)。

上記のような考え方をすると、防衛側は極力バリケードをLPで保護したいということになります。


・攻め側
攻め側もLPを置いてることが多いですが、これは防衛側の設置魔法ダメージを軽減する目的が強いと思います。ダメージ軽減だけであればPOT連打や献身でも代用できなくはないですが、設置スキルはSGなどの大魔法だけでなくQMとか蜘蛛もあるし、何よりPOTで耐えてたら経費がきついとおもうので、できるだけLPを置きたいところだと思います。ただし、防衛側にとってのLPほどの必要度はないと思います。

ダメージ軽減としてのスキルなら、ニューマ、サンク、WoFでの代用はある程度効果があると思います。LPを前に押し上げ切れないときは、押し上げられてない空間を上記のスキルで埋めることも有効と思います。


●LP上からの攻撃手段

攻め側と防衛側双方がLPにのって戦ってる場合、当然ながら大魔法だけで攻撃していてもダメージを与えられません。攻撃する上で絶対に忘れてはいけないのは、LPへの対策です。LPの影響を受けない物理火力や、LPそのものを消し去るガンバンやLP相殺とそのあとにつなげる大魔法などが候補になります。また、攻撃だけでなくスクリームやジョークといった状態異常での揺さぶりも有効です。

防衛側は、攻め側がバリケードにダメージを与えられない状況を作ることを意識すべきです。

逆に攻め側は、バリケードにダメージを与え続けることを意識すべきです。





今回はバリケ攻防での大まかな方向性を挙げただけのような感じです。具体的な手段は、また別途詳細に考えないといけないですが、まずは方向性を連合内で統一することが大事かなと思います。手段は、実際に戦いながら戦況が狙った方向に進んでるか見直しをかけることで、洗練されていくものだとおもいます。
スポンサーサイト

3/1 GvG感想 -平地での防衛

3/1のGv感想です。
今回は、SNK連で傭兵しました。職は、HiWiz&ダンサーです。

■大まかな流れ

20:00~21:15  F1にて、SNK防衛vsEA攻め。守りきれた。
21:15~22:00  派兵など。


■内容
派兵のほうの内容は割愛します。
F1での防衛についてのみ書きます。

内容としては、守護石前のラインのみで守りきれました。
平地戦での防衛となったけど、地形的に防衛側有利で守りやすく攻めにくい地形だったと言えるでしょう。防衛地点は、大幅な崩れを見せることはなく、かなり磐石、安定した防衛だと言えます。EMC回数も少なめ(=旗復帰のみで十分追いつく)でした。


■感想
感想も、派兵のほうは割愛です。

GvSEはバリケードでの攻防がメインになると思われたけど、平地戦でも固い防衛ができるんだなあと改めて実感できました。ちなみに平地での防衛といえば、F2の第1-第2バリケ間の水路でも同様に防衛有利な封鎖ができます。N2の左守護石前の細道も、けっこう良いらしいです。

バリケードの攻防も面白いけど、平地戦での防衛ももっと増えれば、GvGSEにも戦術的に深みがでてきて楽しいと思います。地形的に守りやすい場所を見抜く観察力があれば、平地封鎖できる場所は他にもいっぱい見つかる気がしています。

ただ、平地防衛にも欠点があると感じました。今回は結果的に欠点を突かれることはなかったけど、やはり残影、㌧㌦で抜けられることが一番怖いかなあと戦闘中感じました。裏にガーディアンやチャンプなどを配置したりと、なんらかのケアが必要かもしれません。


さて、少し話は変わり、もっと個人レベルの感想。今回ダンサーを出しましたが、ダンサー非常に楽しかったです。ASでの長射程な牽制をメインの仕事としてましたが、Wiz、AX、その他VIT80↓なキャラに状態異常で牽制するのはとても楽しかった。Lv70程度でもまずまず実戦投入可能です。

Wizの方は、ダンサーのSPが切れたときぐらいしか動かしてませんでした。
崖に立ち、自陣SGとガンバン、FWQMとかしてた程度。崖からだと、魔法射程の短さをすごく感じてて、QMとかはどうしても自陣に引っかかっちゃうし、敵陣への牽制という面ではガンバン以外やりにくかった。

気になった点を少し指摘。ときどきWizに切り替えてプレイしてた程度だったけど、周りの人のガンバンの遅れを少し感じた。敵教授がLPを詠唱開始した時点で、ガンバンのSCに指を乗せてるぐらいでもいいのかなと思います。ひとたびガンバンし始めてからは、いい感じに連発できてはいたと思います。
あと、前のほうにいるWizは、敵陣側でLPが張られてなければ、常時QMを置くべきかと思います。できればFWもあるといい。あと、敵のサンク、WoFはガンバンで潰したほうが良いかも。

GvSE メモ (阿修羅)

■バリケ攻めでの、バリケ潰しの案

案①:チャンプ4、5人に献身を掛けて、同タイミングでバリケード1本を集中阿修羅
案②:ぬくもり拳聖に献身を掛けて、バリケードに向かってクロークぬくもり
⇒ぬくもりが、LP上で効果でない可能性あり。この案はお流れになるかも。

■解説
・案①
阿修羅のダメージは、リベ武器使用時80k程度らしい。
特定の一本のバリケードを一気に破壊することが狙い。
スムーズに狙えるなら、何度も繰り返してバリケをさくさくと削っていきたい。

SWや霧をされた場合は、AMPSGで攻める。

阿修羅を撃つ際に踏み込むためのお膳立ては、献身 LP 残影 速度増加POT ハイド クロークなど。
敵教授からのDisやスタンが、やっかいかも。


長所
 瞬間的なダメージが高く、バリケ破壊までこぎつけやすい(と思う)
 準備が楽(チャンプは数が多いため)
 
短所
 阿修羅が詠唱あるため、その対策が必要(献身、ドル鎧など)
 Disの対策が必要(献身クローク、複数人数の同時突撃など)
 スクリームによるスタンで抑えられる可能性あり(低VITの場合要注意)



・案②
上記の案①をぬくもりに変えたようなイメージ。

献身クロークをメインにしてバリケードに接触し、ぬくもりでバリケード破壊を狙う。

長所
 バリケードを2本同時に削れる
 バリケードに接触するだけで発動する
 クロークのまま使用できる

短所
 ディテクティング→ディスペルで対処可能
 阿修羅より瞬間的なダメージが低い(威力は未計算ですが)
 準備が面倒(特に、拳聖のぬくもりMAP登録)


・あとがき
もう少しスキル仕様などを調べてから、手直ししてまとめるかも。
もし試してくれる人がいたら、ぜひ報告ほしいです。

案②のぬくもり攻撃は、いっちーの案。いっちーに感謝です。
でも、ぬくもりがLP上で効果ないかもしれないので、もしかしたらお流れになっちゃうかも。

12/28 GvSE SOC試してみた

前回の日記で、GvSEの中でSOCが強そうだって書いたけど、さっそく実際に試してみた。

SOC使ったときの戦闘シーン(Ryou視点)

DS対野良INTだったので、せっかくだから敵側視点としてRyouの動画をアップします(本人の許可あり)。
ちなみにRyouは、野良猫のチャンプで、PvPなどで色々と競い合ってた仲です。


SOCの呪い効果の感想は、なかなか呪い効果は優秀だなあって感じた。ただ、もうちょい発動率が高ければもっと良かった。今回は攻め側で使ってみたけど、防衛側で使えばもっと効果が高そうだ。ただ、殴らせるキャラを運びにくいので、かなり面倒になるとおもう。
今回の場合は、敵の遊撃部隊に呪いを掛けれたのが一番の貢献だったかなあと思う。一応バリケード内のキャラにも呪いを掛けれて、自分は地味に効果あったかと思ってるけど、見る人によってはバリケード内に呪いを掛けても微妙だと感じるかもしれない。

今回のSOCを使った感想を簡単にまとめると、広範囲呪いをやる価値はそれなりにあるなと感じたけど、やはり2PCで非同盟Gのキャラを動かすことになるので面倒さもそれなりにあった。効果自体はどちらかというと地味だが、動き回ることが多い職に対してはかなりの牽制になる。やるのが面倒でないならば、お勧めできる戦い方です。

GvSE メモ

・バリケードに、モンスター情報を使ってHP確認することができるか?

城主Gに入った状態で、自砦のバリケードにモンスター情報を使ったら、HPを確認することができた。

同盟Gや敵Gに所属した状態だとどうなるか? ってのを実際に確認してみたい(城主Gと同様に、通用すると予想)。


・Wiz感想

今回(12/21)、Wizで参加した。感想は、バリケード防衛でのガンバン連打の際、ジェムの積載量がきつかった。長時間ガンバンに徹するのは難しくて、だいたい5分ぐらいもすれば補給にいかないといけない感じだった。ジェム露店でもあればすごい助かると思う。


・GvSE全体としての感想

内容としては、今回主に防衛側として参加したけど、防衛側30~40人(?)ぐらいに対して攻め勢力が3つ(?)で過酷な戦いとなっていた。それでも1時間ほど粘る事ができて、戦闘内容的には納得できる結果だと思った。やり方次第ではもうすこし粘る事もできたかもしれないと思ってて、今回の経験を次回以降に反映させて少しでも進歩できれば、それがベストかなあと個人的には思います。

戦闘内容は、大まかにはバリケード防衛がメインとなってた。バリケード戦では主にLPとガンバンの打ち合いになっているような印象を、Wizを使ってみて感じた。
教授のLP張替え頻度は、人それぞればらつきがあるなあとおもった。張替え頻度が高い人はなかなか崩せなかったし、逆に遅い人は崩しやすいと思った。


あと収穫としては、Wizのバリケード防衛で立ち位置はどこらへんがいいのかってことが何となくつかめた。常時バリケードに張り付くぐらいだと、Wizとしてはかなり不安な感じがした(教授にDisなどされたとおもう)。ただ、防衛側としてはバリケードに対して斜め方向に位置するような場所へは、魔法を撃ちにくいと感じた。この場合はバリケードに張り付くぐらいまで前にでないといけない。あと、敵LKがバリケードに張り付いた時に、ガンバンしづらいと思った。
ここらへんは、やはり遊撃をがんばって敵をできるだけバリケードから遠ざけることができれば、かなりやりやすくなると感じた。

あと、攻め側のグリムについてだけど、実際にやられて、その対処のしづらさに困った。今回は、ガンバン+HDであぶりだし、追撃をいれて排除するという方法を取った。ただ、実際のところはスクリームによってグリムはそれなりに抑制できていたので、とりあえずの所はそこまでオーバーに捉えることもないかなあと思った。今後、スタン耐性を高めたAXが増えるかもしれないから、対策案はある程度持っておくほうがいいだろう。
前の記事で、状態反射鎧で対処したらどうか みたいなことを書いたけど、これはスクリームでも代用がきいてると思ったから、改めて考えると微妙ぽいです。

攻め側については、現状だと常時スクリームしてるようだけど、常時ジョークも混ぜたほうがより良いと思う。ゴス持ちの遊撃が来るだろうということを考えると、攻め側はジョークを使うメリットが出てくるのかなあと予想する。


・最後に
メモのわりに長文になって、ぜんぜんまとまってないので、あとでまとめなおします。
※注意

不審なURLリンクは、クリックしないようにしてください。(特に、コメントやトラックバックは注意してください)

また、このblogへ無断リンクしないようお願いします。(事前に連絡を下さい)

プロフィール

もじょ

Author:もじょ
19:20:06 (kasu_) SBI証券で口座作った
19:20:15 (kasu_) これで俺もネオニートだ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ROサイトマスコット
ばぶちゃん

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。